8月にて一般財団法人群馬経済研究所というところが群馬県内の

学習塾について調査を行い、2010年度の売上高と塾生数が着実に増加して

いるようです。

増加要因としてはほとんど口コミによる評判の高さが要因となっているようです。

不景気と騒がれているなかで、やはり子供に対する支出は財布の紐も少し弛む傾向に

あるのかもしれません。

また先行き不安な政治経済の中、きちんと学力を持たせようという親の方の考えが

伺えます。

将来の日本を背負う子供たちに未来ある日本を今の我々が作り上げていかなければ

いけませんね。

皆さん今こそ一致団結し一緒にがんばりましょう!