震災から復興へ向かう中新しいビジネスがあります。 これは以前からあるものですが、海岸近くの土地から、少し上の丘陵地帯に宅地の造成をすると、遺跡が発掘される可能性があります。

これは昔から水害を敬遠して小高い丘に集落を昔の人が形成していました。 ここをこれから造成すると、遺跡発掘調査隊が活躍する場面になります。 表向きには、重機や建築業者が目立ちますが、面白いところに目を向けると新たな開発ができるでしょう。 遺跡の発掘の進捗は、これからの開発にも影響がありますので。 遺跡発掘の人員は地元業者でなくてはいけないのか? その作業員の衣食住は何処から調達するのか? なぜボランティアでしないのか? 大手企業ではできないモデルこそ面白い仕事があるのでしょう!