株式会社設立のメリット・デメリット

法人(株式会社)の会社を設立した場合、メリットとしては、個人事業主に比べると比較的信用力は高くなります。 個人の場合はその人の死をもって事業体が消滅いたしますが、会社(法人)では継続企業体が原則となっているからです。
論文寫作服務
最好的論文寫手
定制論文
論文寫作的幫助
網上購買論文
デメリットとしては、定款作成、認証手続き、設立登記申請手続きなど、諸手続があること等により、すぐに事業を行えないことがあげられます。 一定の自己資金を持つことにより信用力は比較的高くなるので、法人相手との取引をメインに考えられている場合には、法人組織にすることも考えられるでしょう。

税金面でもそれぞれ特徴があります。個人事業主で開業した場合には、儲けに対して累進課税と呼ばれる課税方法が適用になります。
累進課税というのは、儲けが多ければ多いほど高い税率が掛けられる仕組みで、多くの儲けが出れば出るほど高い税金を払わなければなりません。
一方、会社組織の場合には、儲けに対して一定の税率が掛けられますので、儲けが多くなっても累進課税のように高い税金を払う必要がありません。
このため、比較的売上が低い創業当初は、個人事業で開業し、その後売上が大きくなった段階で法人成り(個人事業から法人事業へ転換すること)するといったパターンも比較的多くみられます。

個人事業か会社組織かを決めるポイントとしては、

  1. 設立準備の手間
  2. 主要取引先は法人相手かどうか(クライアントが個人事業主と取引をすることに問題はないのか)
  3. 初年度の売上をどの程度見込んでいるのか
  4. 同僚がどのような立場(経営者の立場、労働者の立場)で協力するか
  5. 社会保険の加入など

などの点から、どちらにすべきかを判断する必要があります。 独立するときに個人事業主で始めるか、それとも会社組織として始めるかですが、それぞれにメリット・デメリットがありますので、両者のメリット・デメリットを良く把握された上で、どちらかに決定すると良いと思われます。

個人事業は、起業しようと思ったときから、はじめられますが、「株式会社」を設立し、起業するメリットはどこにあるのでしょうか?

株式会社を設立するメリットとしては、事業上での取引の「信用」が個人事業主より高いことです。

次に、借入金等の「負債」を個人事業主は無限責任を負いますが、株式会社では有限責任です。

その次としては、株式会社のほうが「信用」が高いので、銀行から「融資」を受けやすくなります。