帳簿の整理
領収書の整理

受け取り領収書

受取った領収書は、紛失を防ぐため、必ず証憑書類綴に番号順に貼り付けしましょう。

領収証には、番号を記入して仕訳伝票にも同じ番号を入力(記入)しましょう。

受取領収証のもらえないものは、支払の都度必ず自己証明である支払証明書を作成し貼り付けしましょう。

発行する領収書

領収書は複写式のものを使いましょう

書き損じや訂正があった場合は、捨てずに斜線などで消し、領収書控え(複写のほう)にホッチキスなどでとめておきましょう

使い終わった領収書綴りは、表紙に「○○年○○月~○○年○○月」と書き、後から見たときに分かりやすくしておきます。

当座照合表 当座預金の入金や出金を記載してある表です。
当座預金には、普通預金のような通帳がありませんので、月に1回から4回程度、銀行から送られてきます。

当座勘定照合表と取引内容を照合して、金銭の動きを確認する必要があります。

当座照合表は、1口座1ファイルで綴じます

手形帳 一般的には、文房具売り場で売っている、「受取手形帳、支払手形帳」を使います。
請求書(売上) 毎月発行するような取引先に対しては、ファイルを1冊使います。

それ以外のスポットで発行した請求書はまとめて1冊使います。

請求書(仕入・経費) 同上
固定資産台帳 1年以上にわたり長期間使用する備品等で、購入額が10万円以上のものについては、「購入日」や「品名」、「購入金額」等を記入し、会社で決めた、固定資産No.を記入します。 該当資産に固定資産No.を貼り付ければ、その備品等を廃棄するときなどに役立ちます。
契約書 契約書は、「不動産賃貸」や「金銭消費貸借」、「○○取引に伴う」など様々なものがありますが、できる限りその項目ごとに1つのファイルを使います。 契約書がさほど多くない場合は、ファイルに仕切り版を使って区分けするのも1つの方法です。

契約書は複数枚のものが多いため、クリアーファイルを使い、出し入れしている方が多いです。

固定資産台帳 1年以上にわたり長期間使用する備品等で、購入額が10万円以上のものについては、「購入日」や「品名」、「購入金額」等を記入し、会社で決めた、固定資産No.を記入します。 該当資産に固定資産No.を貼り付ければ、その備品等を廃棄するときなどに役立ちます。
集計表 売掛金集計表 買掛金集計表 月別売掛金、買掛金、未払金等の集計は、集計表を活用して、得意先(仕入先)別の取引高及び残高を確認しましょう。
(長く滞留している口座の対策や、入金洩れの防止に役に立ちます)

< 参 考 事 項 >
1.証憑書も含めた帳簿書類は、7年間保存(法施規59条)しなければなりません。

決算終了後直ちに段ボール等に、年度毎に区分して保存するようにして下さい。
2.税務職員の質問検査権の及ぶ範囲(法153条、所234条)は原則として帳簿、証憑書類の範囲です。
3.税務署長が更正する場合(法130条、所155①)は、この帳簿書類を調査し、その調査により誤りがあると認められる場合に限られます。なお更正通知書には、その更正の理由を付記しなければならないことになっています。
4.脱税行為により、青色申告承認の取消しを受けますと、税額控除、特別償却、各種引当金、繰越欠損金等の損金算入及び、青色専従者給与額の必要経費の算入等が出来なくなり、(7年間遡及)不測の事態をまねくことになりますので、充分注意をして下さい。現金預金の出納管理が不充分ですと、青色申告承認の取消しの原因にもなります。

帳簿の記入・記載・整理の仕方は必ず専門家にご相談下さい。

会社設立センター群馬では、会社を設立し間もない方へ無料相談を行っています。

無料相談のお申込は、「会社設立無料相談」ページからどうぞ