会社設立センター群馬の税務・会計監査業務

経理・財務・総務など管理部門は直接売上を生まないことから、その必要性は認識していても煩雑な処理が多いため、どうしても敬遠されがちなものです。

しかし、法人は全ての取引を帳簿に記帳し決算を組む必要があります。
税務署への申告は勿論ですが、株主や金融機関等の債権者に対し決算報告をしなければなりません。金融機関等から融資を受けるときなど、必ず他の金融機関の融資残高や毎月の返済予定、試算表等の提出も求められます。

また、毎月作成される試算表は、タイムリーな企業の業績把握のためにも非常に重要なものです。
毎月、企業の実態を数値によって正確に把握できる「試算表(月次決算資料)」を作成し、読みこなし、そこから経営上の問題点を把握し、スピーディーに改善につなげる。その繰り返しができてはじめて「会計」は経営者にとっての羅針盤となり得るのです。

会社設立支援センター群馬の税務・会計

  • 毎月お客様へ訪問し会計内容の監査を行い、報告書にて経営指標を提示
  • 決算の向けての、事前検討会の実施
  • 決算検討会の実施

決算事前検討会と決算検討会

…決算数値と税額の事前予測と事業計画

決算事前検討会とは…

決算事前検討会とは、事業年度終了2ヶ月前を目安に10ヶ月の実績と残り2ヶ月の予測をもとに、現状でのおおよその決算数値及び税額の算出と決算日までにやるべきことについて、決算日が到来する前に実施する検討会です。

決算検討会とは…

決算検討会とは、完成した決算書の報告と確認、翌期以降で改善すべき事項の検討及び翌期以降の事業展望や事業計画の軌道修正等についての検討会です。
また、ご要望があれば、事業計画の作成、さらには作成した事業計画とその後の実績とを対比し差異を検討していく予実管理もご提供いたしております。

安心して業務遂行するために

事業を起こすことそれ自体が大きなリスクです。商売が成功するか失敗するかは社長の経営手腕にかかっているわけですが、事業活動そのものにまつわるリスク(危険)に関しては、専門家が対応します。

  • 資金が足りない、銀行に借入を申し込みたい・・・
  • 退職した従業員が労働基準監督署に・・・
  • 取引先が倒産し、売掛債権が回収不能に・・・

会社設立センター群馬には、

    税理士法人 合同会計
    山田司法書士事務所星野労務管理事務所株式会社 高崎総合コンサルタンツ
    株式会社 ファイナンシャルプランニングサービス

と、様々な分野の士業が手を取り合って、企業家の支援をしています。