いわゆる「士業」って何?

皆様もよく知っているものから、簡単に説明します。

弁護士:A様とB様との問題を法律を主眼で法廷で解決する専門家。 法律すべての専門家

会計士:企業の会計を法律で合っているのかを監査する。

税理士:中小零細企業の経営を税金を考え申告やアドバイスする。 税務申告の代理をする。

司法書士:司法書士法に基づき裁判所や法務局に作成等の事務を業とする国家資格者

行政書士:行政書士法基づき認可申請書等や契約書に関する書類」の作成・代理など作成できる業をいう。

社会保険労務士:労働関連法令に基づく申請書等の作成代行を職業として行うための資格、またそれを職業とする者である。

会社を起業するときには、認可申請だけではダメなのです。 その他色々な法務があるのです。

書店に行けば、自分一人で株式会社の設立登記の方法が購入できるのです。

自分で出来る事は自分でとの世の中ですが、起業においては、様々なお悩みがあります。

会社設立センター群馬は、ワンストップ=相談事はすべて対応できます。

例えば人事労務は、社会保険労務士へ、会社税金の相談は税理士へ

まず、会社設立を考えたなら「会社設立センター群馬」へご相談ください。

その後色々な専門家へお伝えします。