群馬県 学習塾の動向

Filed under: ブログ - @ 2011 年 8 月 19 日 3:00 AM

8月にて一般財団法人群馬経済研究所というところが群馬県内の

学習塾について調査を行い、2010年度の売上高と塾生数が着実に増加して

いるようです。

増加要因としてはほとんど口コミによる評判の高さが要因となっているようです。

不景気と騒がれているなかで、やはり子供に対する支出は財布の紐も少し弛む傾向に

あるのかもしれません。

また先行き不安な政治経済の中、きちんと学力を持たせようという親の方の考えが

伺えます。

将来の日本を背負う子供たちに未来ある日本を今の我々が作り上げていかなければ

いけませんね。

皆さん今こそ一致団結し一緒にがんばりましょう!

会社設立、独立起業をお考えの方へ

Filed under: ブログ - @ 2011 年 8 月 18 日 4:19 AM

群馬県内にて会社設立、独立起業をお考えの方へご案内です。

群馬県高崎市にある会社設立センター群馬では、「脱サラをして新たに会社を始めよう!、個人

事業でしてきたが、事業規模を拡大するため法人に切り替えよう!」とお考えになられた皆様を

ご支援させていただいております。

・法人と個人はどちらがメリットがあるの?

・会社を設立するのに何をすればいいの?どんな準備が必要なの?

・どんな手順でどれくらいの期間でできるの?

今まで無料相談会にお越し頂いた皆様から多くのご質問をお受けしております。

会社設立センター群馬ではこのようなご質問に対し、会計事務所の専門スタッフがご対応させて

いただいております。

上記質問内容の他、資本金はいくらが良いのか?事業年度はいつにしたら良いのか?

会計事務所ならではの視点で皆様にアドバイスをさせていただいております。

現在無料相談会として月2回平日ですが、お日にちを設けさせていただいております。

無料相談会の日程はコチラをご覧下さい。

法人の設立に関しては弊社と関わりのある司法書士をご紹介させていただき、会社設立センター群馬の

スタッフも交えて手続きの検討をさせていただきます。

必ず皆様にご納得していただける起業ができると思います。

無料相談会へのお申込は上記日程のページからお願いします。

 

消費税法 平成23年度 税制改正

Filed under: ブログ - @ 2011 年 8 月 5 日 2:49 AM

平成23年度の税制改正の中で消費税法については大きな改正がありました。

①95%ルールの見直し

まず95%ルールとは何ぞや?ですが、本来消費税の納税の計算は、売上や雑収入に含まれる仮受消費税から

仕入や諸経費に含まれる仮払消費税を差し引いて差額を納税するという考え方です。

その中で、売上や雑収入の中に消費税のかからない収入があります。

今までは消費税のかからない収入の比率が全ての収入のうち5%以内であれば全ての仕入や諸経費に含まれる

消費税を収入に含まれる消費税から全額控除してOKでした。

それが今回撤廃され全ての経費について収入とひも付きで結びつけ、非課税収入にか係るものは

控除できないというルールに変わりました。

簡単に言うと経費がどの収入を生み出すために使われたものなのか管理してくださいということです。

今後の経理はより細かく厳密に行わなければ税金の計算を間違ってしまう恐れがあります。

上記の件は一定の条件を満たしていれば例外として今までどおりのやり方もOKとされています。

②消費税の免税事業者(消費税を納税しなくてもよい事業者)の考え方

細かいことは触れませんが、今までは2年前の1年間の収入が1,000万円を超えると消費税を納税する

事業者となっていました。

この考え方がもう少し厳しくなります。

上記の考え方は残ったまま、さらに前年の期首からの半年間の間の売上高が1,000万円を超えた場合には

その翌期から消費税を納めなければならなくなりました。

 

消費税については税率も上がることを検討されており、今後消費税についてはより細かく厳密に処理を

していかないと大きな修正を受ける可能性があります。

これから会社設立をお考えの方も、現状の経理に不安を抱えてる方もぜひ無料相談会へお越し下さい。

お申込はコチラからお願い致します。

 

 

 

 

 

 

平成20年12月より施行された公益法人の新制度の下、旧社団・財団法人の皆様におかれましては、

平成25年11月期限の組織移行について、現在ご検討されている最中ではないかと思います。

会社設立せんたー群馬では群馬県を中心に高崎市・前橋市・藤岡市・富岡市・伊勢崎市・太田市・安中市など

群馬県全体の皆様に対応しております。

上記の制度改正を受け、一昨年より定期的に移行申請セミナーを開催してきました。

セミナーを通じて移行申請を行うに当たり様々な疑問を抱えていることを実感しています。

・平成20年度基準って、今とどこが違うの?

・うちの今の事業は公益認定基準を満たすの?

・公益目的事業と収益事業の区分はどうすればいいの?

・公益目的財産残額ってどんな財産?

・公益目的支出計画は何年掛けてもいいの?

・実施事業で赤字を出し続けると、運営資金がなくなってしまうのでは?

・みなし解散になってしまったら、いまの財産はどうなってしまうの?

・うちは公益認定を目指すべきか、一般認可を目指すべきか?

・相談相手がいなくて不安!

・法人の確定申告を行う必要があるの?

他にも基本的な悩みや具体的な問題が多数発生してきております。

同じような疑問点を抱えている法人様も多数いらっしゃるのではないでしょうか?

愚板的な問題はセミナー内ではなく個別相談会時に出てきており、

各法人様特有な問題を抽出することが現時点で重要なポイントとなっております。

弊社ではそれらの疑問・問題を一緒に考え、一つ一つクリアにしていくことで、法人様の

移行の手助けができればと考え、専門スタッフを整え無料相談会を実施させていただきます。

手続きには相当の時間を要することが予想されますので、本腰を入れて動き出す時期かも知れません。

無料相談会の日程等、お申し込みはコチラからお願い致します。

7月にて税務調査対策としてセミナーを開催致します。

なかなか税務調査の実態が分からない、どんなことに気をつければよいのか分からないなど

また、会計事務所に見てもらっているが本当に大丈夫なのか心配だなど・・・。

弊社税理士法人 合同会計では年に1~2回税務調査とは何ぞや、税務調査のポイントなどを

解説するべくセミナーを開催しております。

会計事務所に任せているから安心。しかし社長様自身も税務調査に対してきちんとした知識を

持っていないと思わぬ落とし穴があるかもしれません。

上記の内容のほかに弊社では年に12回ほど色々なテーマでセミナーを開催させていただいて

おります。

有益な情報を社長様にお伝えするのも会計事務所の大事な仕事の一つですね。

電力使用量が心配!

Filed under: ブログ - @ 2011 年 7 月 1 日 3:00 AM

いよいよ夏到来でしょうか。暑い日が続いてます。

でも、まだ梅雨明け宣言はないですね。

今一番心配なのは、真夏の電力量。

電力使用量が発表され、電気予報も出されていますよね。

今の時期にこんな量で真夏は一体どうなるの。

心配の種って尽きないものなのでしょうね。

ところで、いま会社を設立を考えどこかに相談

してみようか、とお思いの方。是非ご相談下さい。

親身になってお話を聞かせて頂きます。

群馬県 最近の経済情勢

Filed under: ブログ - @ 2011 年 6 月 29 日 3:00 AM

(今回のポイント)

持ち直しの動きがみられていたものの、東日本大震災の影響により、弱くなっている。

個人消費は持ち直しの動きがみられていたものの、東日本大震災の影響により足下で

大幅に落ち込んでいる。

住宅建設は前年を上回っている。ただし、東日本大震災の影響が懸念される。

22年度の設備投資は減少見込みとなっている。生産活動は持ち直しの動きがみられ

ていたものの、東日本大震災の影響により足下で大幅に減少している。22年度の企業

収益は増益見込みとなっているものの、東日本大震災の影響もみられる。

雇用情勢は厳しい状況にあるものの、緩やかな持ち直しの動きがみられる。ただし、

東日本大震災の影響が懸念される。

(各論)

個人消費
持ち直しの動きがみられていたものの、東日本大震災の影響により、足下で大幅に
落ち込んでいる。
大型小売店販売額は、計画停電による営業時間の短縮や消費者マインドの悪化
などから、足下で前年を下回っている。
コンビニエンスストア販売額は、食料品や日用品のまとめ買いがあったことなどから、
前年を上回っている。
家電量販店売上高は、計画停電による営業時間の短縮や消費者マインドの悪化などから、
前年を下回っている。
乗用車の新車登録届出台数は、新車の供給不足などから、前年を大幅に下回っている。
前橋市の家計消費支出は、前年を大幅に下回っている。

住宅建設
前年を上回っている。ただし、東日本大震災の影響が懸念される。新設住宅着工戸数は、
持家、分譲住宅は前年を上回っているほか、貸家は均してみると前年を上回っており、
全体として前年を上回っている。ただし、東日本大震災の影響から、資材不足等が懸念される。

設備投資
22年度は減少見込みとなっている。法人企業景気予測調査(23 年 1~3 月期調査
・2 月 15 日調査時点)で 22 年度の設備投資計画額をみると、全産業で前年比
45.0%の減少見込みとなっている。

公共事業
均してみると前年を下回っている。前払保証請負金額は、均してみるとを下回っている。

生産活動
持ち直しの動きがみられていたものの、東日本大震災の影響により、足下で大幅に減少
している。鉱工業生産指数は、東日本大震災の影響により、輸送機械は足下で大幅に
減少、電気機械、電子部品・デバイス、一般機械は減少しており、全体としては足下で
大幅に減少している。

企業収益
22年度は増益見込みとなっているものの、東日本大震災の影響もみられる。
法人企業景気予測調査(23 年 1~3 月期調査・2 月 15 日調査時点)で 22 年度の
経常損益をみると、全産業で前年比 31.4%の増益見込みとなっている。
しかしながら、東日本大震災の影響により、計画を下回った企業もみられる。

企業の景況感
引き続き「下降」超となっている。また、東日本大震災の影響により、足下で悪化して
いるとみられる。法人企業景気予測調査(23 年 1~3 期調査・2 月 15 日調査時点)
の景況判断BSIでみると、全産業で引き続き「下降」超となっている。
また、東日本大震災の影響により、足下で悪化しているとの声が聞かれる。

雇用情勢
厳しい状況にあるものの、緩やかな持ち直しの動きがみられる。ただし、東日本大震災
の影響が懸念される。有効求人倍率は、低い水準で推移しているものの、緩やかな持ち
直しの動きがみられる。

(ヒアリング結果)

・ 震災前は高額商品の動きが良くなる等消費意欲の回復がみられたものの、震災後は消費者マインドの悪化や計画停電による営業時間の短縮等により、来店客数・売上とも大幅に減少した。 (百貨店)

・ 震災後しばらくは生活防衛意識により水や米等のまとめ買いが発生し、売上が増加したが、放射能問題が騒がれると野菜を中心に売上が落ち込んだ。 (スーパー)

・ エコカー補助金終了後の反動減からほぼ前年並みまで回復してきていたが、震災後は自動車の入荷が滞ったことから、売上が急減した。(自動車販売店)

・ 震災前はフラット35等低金利住宅ローンの効果等により好調であったものの、設備メーカーの被災等により、物件の引渡しに影響が出ている。(住宅建設)

・ 震災前はフル操業であったものの、震災後は受注の減少により生産量は大幅に減少した。(輸送機械)

・ 部品供給の一時的な混乱や計画停電の影響により、一部製品が生産不可能になる等生産量は大幅に減少した。       (情報通信機械)

・ 今後は復興のための建築用途向けの製品等の需要増加が見込まれる。 (化学)

最近の県内経済情勢 参照

平成23年度 税制改正案

Filed under: ブログ - @ 2011 年 6 月 28 日 12:20 PM

平成23年度税制改正の大きな目玉とされていた法人税率の5%引下げ、所得税や贈与税の増税は

見送りとなることが決まったようです。

(asahi.com 2011年6月9日9時43分配信記事より)
民主党と自民、公明両党は8日、2011年度税制改正法案のうち、従業員を増やした企業を減税する

雇用促進税制や、6月末に期限切れを迎える租税特別措置などを盛り込んだ修正法案を出し直し、

月内に成立させることで合意した。菅直人首相肝いりの法人税の引き下げなどは見送る。

3党の政調会長と幹事長が8日、合意の署名をして確認した。今国会に提出済みの税制改正法案から、

成立させる部分のみを切り出した「現下の厳しい経済状況・雇用情勢に対応した税制整備法案」を

新たに提出する。税制改正法案の修正は、細川政権時代に国民福祉税構想で混乱した1994年度以来。
修正法案に盛り込むのは、国が認定した特定非営利活動法人(NPO法人)に寄付したときの減税措置

の拡大、雇用促進税制の創設、11年末に期限が切れる証券優遇税制の2年延長など。今年3月末に

「つなぎ法案」で期限を6月末まで延長した、海外みやげの酒・たばこ税や住宅購入時の登録免許税の

軽減措置などの租税特別措置も、来年3月まで延ばす。

 

記事によると税制改正法案は次のように修正させることになります。
●成立
・従業員を増やした企業への雇用促進税制
・認定NPOへ寄付した場合の優遇税制
・証券優遇税制(軽減税率10%の2年延長)
・航空機燃料税の税率引下げ
・租税特別措置(来年3月まで延長。海外みやげのたばこや酒の税金の軽減、
住宅購入時の登録免許税の軽減など)
・年金所得者の申告不要制度の創設

●先送り
・所得税や相続税の増税
・生前贈与の優遇拡大(孫も対象に)
・法人実効税率の5%引下げ
・温暖化対策税(環境税)の導入
・納税者権利検証の策定

ようやく平成23年度税制改正が決着しそうですが、結局大きな改正はないようです。これだけ時間を

かけて増税も無く減税も無く、良かったのか悪かったのか・・・。

 

会社 設立 50件

Filed under: ブログ - @ 2011 年 6 月 22 日 8:05 AM

3月の東日本震災後、多大な影響が色々な業種に及んでいます。

そんな中、新たに会社設立、独立起業する方もいらっしゃいます。

6月21日現在で6月中に会社を設立された方は群馬県だけで約50件ほど

だそうです。

不景気の中でも『今より悪くなることは無い』『これから上がっていくだけだから』と

おっしゃる社長様もいました。

心強いお言葉ですね。

私たち会社設立センター群馬のスタッフもそんな社長様の背中を後押しできるよう、

色々な情報をお持ちし、その中で最良の選択をして頂けるようお手伝いさせていただきます。

7月に無料相談会へお申し込み頂いている社長様の皆さんお申し込みありがとうございます。

これからも無料相談会は実施していきますので、群馬県高崎市を中心に、前橋市、藤岡市、

伊勢崎市、太田市、安中市、富岡市の皆様お申し込みお待ちしております。

お申し込みはコチラからお願い致します。

役員報酬の検討

Filed under: ブログ - @ 2011 年 6 月 14 日 3:00 AM

会社を設立し、1期目の役員報酬はいくらにすればいいのでしょうか?

役員報酬額を決めるにはある程度先の見通しを立てなければなりません。

なぜなら役員報酬額の資金源泉は利益だからです。

年間どれくらい利益を生み出せるかを算出し、その金額をもとに役員報酬額を決定します。

多すぎても赤字になってしまい、少なすぎても利益がでて税金を多く払うことになります。

またこの他職務内容に照らし合わせて役員報酬額が妥当な金額なのかどうかの問題も出てきます。

単純なようで税務上の問題点の一番多い事項になりますので、報酬額を決める際には慎重な判断が

必要です。

又、役員報酬の金額は、定期同額が原則で、期中に変更することができません。

期中に役員報酬額を変更すると、税務上、増額した分の役員報酬が費用化できず、

多額の税負担を伴うことになってしまいます。

30万円6ヶ月間、その後6ヶ月間を50万円とした場合、30万円を基準とし、

増額した20万円の6か月分 計120万円は、役員賞与となり、利益に加算されます。

逆に、50万円を30万円に減額した場合も、同じく30万円を基準とし、20万円の6か月分

計120万円は、役員賞与となり、利益に加算されます。(減額の相当の理由がある場合を除きます)

起業直後の経営では、資金が不足がちになり、通帳にお金があった時だけに、

役員報酬を出すとなると、役員報酬全額が否認される場合もありますので、設立前、設立当初に

役員報酬額を決定する必要があります。

実際に無料相談にお越しいただいた社長様からも多くご相談がありました。

決めてしまってからでは1年間は変更することができませんので、会社を設立を考えている社長様は

ぜひ無料相談会へお越し下さい。

お申し込みはコチラからお願いします。

« Older PostsNewer Posts »